http://nogakusanpo.maya-g.com
記事移動
2017年10月01日
カテゴリ : [案内望遠鏡]
終活という言葉にも慣れてきた昨今、デジタル遺品とは… 
スマホや携帯、パソコン、タブレットといった端末情報やその中身、
所謂データというもので、写真もあれば手紙もある。なんといっても仕事の書類がある。
他に インターネットを利用するときに結ぶ契約。アカウントという代物。
能楽さんぽの記事の如き、ネット上に書き込んだ投稿、
あぁ、ネット口座をお持ちの御仁もあろう。
IDにパスワードと現状でも管理が煩わしいのだが、これらの個人情報が遺品になると
さぁ どうなる…
もっともこの“デジタル遺品” という言葉。
最近生まれた俗語とやらで、明確な定義はないというが、故人が残していった持ち物で
デジタルの環境を通してしか実態が掴めないものなんだそうな。



古田雄介著 ここが知りたい!デジタル遺品デジタル遺品って(株)技術評論社発行2017 08 19 初版


ふぅーむ。兎も角きちんと始末しておかないと、ネットの漂流物で済めばいいのだが。






投稿日 2017年10月01日 0:00:00
最終更新日 2017年10月01日 0:00:00
修正